2015-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過良好につき

この二か月半、多くの方にご心配いただき、たくさんのアドバイスや励ましの言葉を戴いたことを心より感謝いたします。
にもかかわらず、こちらの一存でブログ更新を控えさせていただいていたことで皆様への経過報告も滞ってしまい大変申し訳ありませんでした。

当初からブログは楽しく見て頂きたいという事基本的な考えで始めており、もちろん時には辛いことや困ったことを書くことがあったにせよ、それが長期に続くのは本意ではないと感ずること。
なにより上手くいかなかった骨折治療の事例もたくさん見聞きしていたので、先が見えない不安の中でなかなかブログを更新する気になれなかったのも事実です。
おかげ様で3/1にギブスも取れ、なんとかここまでは順調に回復しつつありますので、今回は療養中間報告として更新させて頂きますね。

まずは現状の報告です。
ギブスを外す際、レントゲンで「なんとか骨は上手に付いている」という確認をして頂きました。
これからはリハビリという事になるのでしょうが、長期間のギブスにより筋肉は落ち、関節は固まってしまっているので急な動きや激しい運動は靭帯や筋を痛めるばかりか、再骨折の恐れもあるので安静キープは必須です。

それでも動かなければ筋肉は付かないし、関節も柔らかくならないので低反発マットが敷かれたベッドがぺるるにとって唯一運動のできるドッグランとなっております。
ま、怪我をしてからはずーっとゲージとベッドとトイレだけの生活なんですけどねw

現在見た目の問題としては立ったり歩いたりする時「かかと」というか足根関節が伸びた状態になってしまっていること。
これはギブスの形状によるものなのでしょうが、関節自体はある程度曲がるので今は伸びきった状態でないと体重を支えられない感じなんだと思います。
あとはやはり立っている時、時々カクっと膝が外側に笑っちゃう事がありますが、これは主として筋力不足との事です。
これらも改善できると信じて療養を続けて行きたいと思います。

骨折治療を経験してみて特に難しいと思ったこと。
それは安静の確保とストレス軽減とのバランスです。
痛みの残るうちはおのずと静かでいられるのですが、それさえ治まれば遊びたい盛りのパピーですからジッとしている事さえ至難です。
隙さえあれば鬱陶しいギブスをなんとか外そうと破壊活動の繰り返しです。
ギブスを噛むことの防止と共にテンションを下げ、動きを抑える為にとエリカラの装着を指導されましたが、膝上から脚先までをガードするためには標準サイズでは間に合いません。
特大のエリカラを通常以上に細長く巻くのでやむなくテープで固定となります。
できる限り傍にいて目の届く時にはカラーを外し、少しでもストレスを軽減しようとするのですが、こちらも寝ない訳にはいかないので夜間は必ず装着することになります。が、ひと晩過ごせば呼吸で蒸れ、カラーの中がぐっしょり濡れてしまう状況。
良い策はないかとクイーンカラーやメッシュ使いのソフトエリカラも試してみましたが、効果があるのは最初だけで一週間も経つとしっかり攻略法を身につけ、朝起きるとギブス内の綿を引き出していたり、噛んでギブス自体を変形させてしまったり・・・

ついには病院から渡された特大カラーも攻略してしまい、とうとう3月1日にギブスを全壊させてしまったのです。
本来ならもう暫く軽いギブスを着けたいところだったのですが、このカラーを攻略してしまった以上はすでに防ぎようもなく、逆にギブスに使う特殊包帯を飲み込んでしまうと切開手術を要するほど危険との事で急きょギブスを外すこととなったのです。
幸いレントゲン結果が良かったので、大きな問題にはならなかったようです。
結果、「ぺるるの作戦勝ち」ってとこでしょうかw




こんな状況の中で出来る限りの時間をぺるるの為に費やし、初詣もすぐ近所の小さな神社でささやかに済ませた私ですが、前々からの計画で1月下旬に念願の伊勢神宮を参る事ができました。


圧倒するほどに重厚な神楽殿
IMG_1333.jpg



正宮だけでなく風日祈宮など、別宮も参拝させていただきました。
IMG_1336.jpg




内宮で一番美しい場所といわれる雨の風日祈宮橋
IMG_1338.jpg




伊勢神宮ではぺるるの脚の治癒を全力でお願いしてきたことはもちろんですが、丁度同時期に右前脚を骨折してしまって小さな身体で治癒に向けて頑張っているトイプーのレオ君の事も同様にお願いしてきました。
ブログを介して仲良くして頂いているレオママさんとは同じ怪我と戦う者同士、情報を交換したり励ましあったりと療養当初から大きな力となって頂きとってもお世話になっているのです。

レオ君のブログ「Reoといっしょに♡」はこちらからです⇒★☆★




ここまでとても長く感じた二か月半。
人間にとっては二か月半でもワンコ達にとっては一年半ほどに相当する膨大な時間です。
ぺるるにしてみれば生後五か月で怪我をしてしまってからの二か月半ですから、これまで生きてきた生涯の1/3が安静を強要される療養生活。
我が家に来てからで数えれば半分以上がその辛い生活となってしまいました。

躾けや社会勉強が一番大切な時期を棒に振ってしまい、特殊な生活を余儀なくされたぺるる。
まだまだ予断の許されない状況ですが、これからのリハビリで求められるのは最優先で脚の治癒。
そのあとはじっくり時間をかけて心のケアと社会に適合できるよう躾けのやり直し。
そして何より大切なのはこの辛い期間を埋め合わせても余るほどの楽しみを共有して行く事なんだと強く思います。




最後にこの二か月半撮りためた写真をスライド動画にしましたのでどうぞご覧ください。
(音楽が流れますので音量にご注意ください)







最後までご覧くださりありがとうございます。
こちらからたくさんのドゥードルブログを楽しむことができます♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンドゥードルへ
ヽ(*´□`*)ッ ポチッ!!



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

yot-ten

Author:yot-ten
温暖の地静岡で2わんズに囲まれながら犬バカ生活を送っています♪


チーキーロゴサムネ2
革首輪専門店
チーキードッグス
ちょっとナマイキでオリジナリティ溢れる革首輪を作ってます



ぺるサムネ
ぺるる ♀
ゴールデンドゥードル
2014.8.5生まれ



ダリサムネ
ダリ ♂
ベドリントンテリア
2015.12.26生まれ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (2)
成長記録 (4)
おさんぽ (3)
先代犬 coo (1)
ペットサロン (3)
おでかけ (2)
病気・怪我 (3)
ぷちおでかけ (1)
備忘録 (1)
多頭飼い (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

アクセスバーコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。